FC2ブログ
2019/04/30

「四羽の子鷲」の裏表紙です

四羽の子鷲の裏表紙
裏表紙です。
カラーインク塗りです。
人物は左がリチャード、右がフランス国王フィリップ2世です。

これは何度も直し描きしました。
下描きの時もペン入れの時も、色塗りの時も、そしてスキャンしてからも!
とにかく、お馬さんが難しくて!
特に脚が!

なので、この絵はお馬さんが主人公のようです。(個人的な感想です)
お馬さん、うまく描きたいな〜〜〜!(笑)
本文にも少し描いていますが、なかなかうまく描けません。
気が早いですが、次回作もお馬さんをしっかり描かなくてはいけないので、しかも本当に主役級に。
精進あるのみですね、頑張ろう!!
スポンサーサイト



2019/04/30

新刊ができました!

新刊ができました!
新刊「四羽の子鷲」ができました。(終わらせた?)
もう入稿しましたのでもういいや、ってことで。

本当になんとか、かんとか、できた〜〜っていう感じです。
ヒーヒー(笑)

歴史物で、いつものように12世紀後半、イングランドとフランス西部を支配したプランタジネット家のリチャードを中心とした史実に基づいたフィクションです。
タイトルの「四羽の子鷲」とはヘンリー2世の4人の息子たち、若ヘンリー、リチャード、ジェフリー、ジョンのことです。
上は表紙です。カラーインク塗りです。
人物は左がフランス国王フィリップ2世、真ん中がリチャード、右下がヘンリー2世です。
B5版 全38ページ 500円 オンデマンド印刷です。

お話はヘンリー2世、リチャード、そしてフランス国王フィリップ2世らの闘争、駆け引き、和解、等々の物語です。

これで、あとはSTARBOOKSさんにお任せ、ってことで、安心です。
私がミスしていなければ、ですが。(笑)

で、すぐにフリーペーパーに取りかからなくては、です。
そろそろ荷物の搬入期間が迫ってきているので、できるだけ宅配便で送りたいので。
新刊は当日手持ちします。

あ、裏表紙は次にアップします。
2019/04/22

本文、一応終了!

本日で新刊「四羽の子鷲」の本文38ページのペン入れ、仕上げを一応終了しました。
あとは表紙、裏表紙をカラーで描いて、本文をまた見直して完成!
と、なるはずです。

いや〜、いつものことですが、時間かかる〜〜〜
当たり前ですが。 

表紙、裏表紙はいつものようにカラーインク塗りにするつもりです。
うまく塗れるかな〜?
ドキドキ・・・
一応、下描きの下描きはしておいたのですが、先ほど、描き直ししました。
やっぱり表紙や裏表紙って目立ちますからね。
頑張って綺麗に塗れるといいな〜〜〜
2019/04/12

スペースナンバー

コミティア128の参加証が送られて来ました。

日時   2019年5月12日(日)午前11時〜午後4時
場所   東京ビッグサイト青海展示棟A・Bホール(JRりんかい線東京テレポート駅から徒歩1分)
スペースナンバー   「あ」 15 b (Aホール)
サークル名      「辺境地区」
ジャンル       歴史


新刊は本日で29ページまで終了しました。
残りは9ページです。あと、表紙、裏表紙のカラー。
先日、印刷のSTARBOOKSさんに申し込みをしておきましたので、あとは入稿するだけです。
無事に締め切りまでにできますように!
2019/04/05

コミティア128当選しました

5月12日(日)に東京テレポート駅近くの青海展示場で開催されるコミティア128に当選しました。
本日コミティアのサイトで当選サークル名が発表されまして、当サークル「辺境地区」の名がありましたので当選させてもらえたようです。
まだスペースナンバーは発表されていませんが、近日中に正式な参加証が送られてくるはずですのでわかる予定です。

よかったぁぁぁぁぁ〜〜〜〜!(笑)
いやいや、今回は約1000サークルが落選することになったので、正直、ダメかも、と思っていたんです。
あまりくじ運とか良くないし。
でも、作品は描いていました。
本日でペン入れ、仕上げを21ページ終了しました。
残り、あと17ページです。
まだまだ先は長いですが、当選させてもらえたのですから何がなんでも完成させなくては!です。
落選した方もたくさんいるのですから、当選させてもらえた者は頑張らなくては!

ちょっとここのところ、頭痛が起きて、弱っていたのですが、無理せず、でも頑張りたいですね。
花粉症(?)は相変わらずで、「ティッシュとお友達」状態が続いています。(笑)
まぁ、それも今月末頃には下火になって行くでしょうから心配していません。
鬱陶しいことは確かですが、仕方ないですね。

詳細がわかり次第、またこちらにお知らせします。
ということで、浮かれているあたりでした!